報恩抄愚釈121

(智証大師は日本国に帰ってきました……判断ついたんでしょうか……はたして……)
(愚釈つづき^^)
(306頁17行目〜)

「大日経の旨帰に云く『法華 尚(なお)及ばず 況(いわん)や自余の教をや』等云云、
此釈は法華経は大日経には劣る 等云云、
又 授決(じゅけつ)集に云く『真言禅門 乃至 若し華厳 法華 涅槃 等の経に望むれば 是れ 摂引(しょういん)門』等云云、
普賢経(ふげんきょう)の記・論の記に云く 同じ 等云云、」

(【智証(ちしょう)大師】は、学習してきた)『大日経』のことを、自分で まとめた手記に こう書いています。
そこには、『法華経は(大日経には)及(およ)ばない経だ。ましてや、その他の経々は なおさら及ばない経だ。』
と書いています。
この(【智証】の)解釈は『法華経は大日経よりも劣っている。』
と述べています。
また、いっぽう、
授決集(という これも【智証】が書いた手記)のほうには、
『真言宗や禅宗といった 教え 法門 は、華厳経や法華経や涅槃経といった経々からしてみれば、準備段階的に説かれた権(かり)の教えにすぎない法門である。』
と書いています。
はたまた、
『普賢経』のことを学んでまとめた【智証】の手記や、
『※法華論(※法華経を解釈した最古の書物といわれているもの とのこと)』の ことを学んでまとめた【智証】の手記のほうでは、
(法華経と大日経は)
『同じだ。』
などと書いています。


(つづく)



(∵)
(言いぶん
バラッ パラッ やなぁ…(爆)^^)
(どねんなっとんねん!(笑)^^)
(思いっきりタブらかされたままやがな!【智証】!(怒)
`´/)



(つづく^^)




コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。