報恩抄愚釈116

(愚釈115のつづき^^)
(306頁13行目〜)

「智証(ちしょう)大師は 本朝にしては 義真和尚(ぎしんわじょう)・円澄(えんちょう)大師・別当(べつとう)・慈覚 等の 弟子なり、」

【智証大師(ちしょうだいし)】は、
日本国においては、
義真和尚や
円澄大師や
別当や
慈覚といった方々らの
弟子にあたる人です。


(つづく)



(∵)
(【智証大師】という人が登場してきました。…
『慈覚(じかく)』が善無畏(ぜんむい)の捏造した教えにタブらかされて取り入れた邪義を糺(ただ)し直すことができるのでしょうか…
はたして……)



(つづく^^)



コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。