報恩抄愚釈110

(愚釈つづき^^)
(306頁2行目〜)

「法華・大日経等の勝劣は漢土にして しりがたかりけるか の ゆへに」

(【慈覚大師】は、)
『法華経』

『大日経』
等(『金剛頂経』・『蘇悉地経』)

勝劣問題のことは中国(へ わざわざ習いに行って、それぞれ教えてもらって日本へ帰って来たけれども、混乱して(笑)ハッキリと どちらが勝れているのかということを)
知ることができなかったゆえにであろうか、

「金剛頂経(こんごうちょうきょう)の
ジョ七巻・
蘇悉地経(そしっちきょう)の
ジョ七巻・
已上十四巻」

金剛頂経の
ジョ(慈覚大師が慈覚大師なりに自分でまとめて造った解釈書) 7巻
蘇悉地経の
ジョ 7巻
以上合計 14巻
(の慈覚なりに解釈した書物を造った。)




(∵)
【愚所感】
…ちゃんとまとめてんやろな(笑)
…頼むで(笑)^^





(つづく^^)



コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。