報恩抄愚釈106

(つづき^^)
(305頁17行目〜)

「又 義真(ぎしん)・円澄(えんちょう)・慈覚(じかく)・智証(ちしょう) 等も いかに御不審(ふしん)は なかりけるやらん 天下第一の大凶なり、」

また、(伝教の弟子たちである)義真や円澄や慈覚や智証たちも、「これはおかしなことだ!」と不信感を抱いて迷惑がることでありましょう。
(弘法(こうぼう)大師の言動は)天下第一の大凶ともいうべき悪態であります。


(そうだ!そうだ!^^/
ビシッと伝教の弟子たちが破折したらエエねん!^^)



(つづく^^)



コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。