報恩抄愚釈98

(伝教大師さんは嵯峨(さが)天王の在位期間中の
弘仁13年6月4日に御入滅。御逝去される。…)

(愚釈97のつづき(∵))
(305頁9行目〜)


同じき(嵯峨天王の在位期間中の)
弘仁14年より
【弘法(こうぼう)大師】が、嵯峨天王の師匠となって、
【真言宗(しんごんしゅう)】を立ち上げて、
『※東寺(とうじ)を給(たまい)』

(※【備考】
『東寺』とは京都市にある真言宗東寺派の総本山とのことです。
嵯峨天王が弘法大師に賜(たま)わった寺とのことです。
寺自体建てられたのは、延暦(えんりゃく)15年とのことです。
……なので、
弘法大師も伝教大師も二人共まだ唐(中国)へ渡られる以前に建立してた寺院であり、
『給(たまい)』
ってなっているところを見ると、
以前からあった寺院の所有の権限を嵯峨天王から与えられた、賜わった。
ということになりますね。(∵) )

真言和尚(しんごんおしょう・しんごんわじょう)と名乗り、
これより、
【8宗】(日本国8宗目の宗教が)始まった。




((∵)【所感】
伝教大師さん亡くなって、その翌年に弘法が真言宗を立ち上げたって
弘法の計画臭プンプンするなぁ!
弘法も嵯峨天王も綺麗にタブラカされたまま『正直捨方便』じゃなく、『正直捨実経』しましてんな(∵)
(/--)/
((怒))((怒))((怒)))




(つづく^^)








コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。