現代語訳

 2011年10月15日付けの聖教新聞の一面にて、
「池田名誉会長が監修 教学部編
御書五大部の【現代語訳】
『大白蓮華』で連載開始」
との妙報あり。
「人類の『希望の経典(きょうてん)』御書。御書には、万人が幸福の人生を勝ち開くための方途(ほうと)が説(と)き明かされている。
この御書の真髄(しんずい)を、現代の人々に、どうわかりやすく伝えていくか。社会へ、世界へ、生きた言葉として、どう展開していくか。
広宣流布の未来を展望した時、御書の各言語への翻訳(ほんやく)とともに、平易(へいい)な言葉で理解するための【現代語訳】が重要な課題となっている。
このほど、池田名誉会長の監修(かんしゅう)のもと、教学部編による御書五大部の【現代語訳】を『大白蓮華(だいびゃくれんげ)』で連載していくことが決まった。」

とのことです。


※大白蓮華に報恩抄の現代語訳が始まり次第、そちらの学習に切り替えさせて頂きます。









コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。