報恩抄愚釈90

(「されば釈迦如来・天台大師・妙楽大師・伝教大師の
【御心】
は一同に 大日経等の 一切経の中には
【法華経】
は すぐ(勝)れたり という事は 分明なり、
又 真言宗の元祖という 竜樹(りゅうじゅ)菩薩の
【御心】も かくのごとし、『大智度論(だいちどろん)』を能(よ)く能く尋(たず)ぬるならば
【此の事】分明なるべきを
不空が あやまれる『菩提心論(ぼだいしんろん)』に
皆人(みなびと)
ばか(欺)されて
【此の事】
に迷惑せるか。」…)



(報恩抄愚釈続き^^)
(305頁5行目〜)

 また、石淵(いわぶち)の勤操僧正(ごんそうそうじょう?)という人のお弟子さんで
【空海(くうかい)】という人がいてます。
のちには、
【弘法大師(こうぼうだいし)】と名乗られました。




((-_-)また変わったやつ出てきたで!)




(続く^^)













コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。