さしいだし

 御書の903頁の「寂日房御書」の本文のなかに、
「南無妙法蓮華経の五字の光明を さ(指)しいだ(出)して 無明(むみょう)煩悩(ぼんのう)の闇を てらすべし と云う事なり」
(903頁)
と仰せられています。
「さ(指)しいだ(出)し」
となっているので、
大聖人の
『ピックアップ体現説得力』がハンパやないということですね。^^
最後のほうで、
「信心 をこたらずして 南無妙法蓮華経 と 唱え給うべし」
(903頁)
と激励してくださっています。

信心頑張ってまいります。∵
(・人・)



コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。