追加愚考続き

(愚考続き^^)

(1007頁17行目)に、
「此(こ)れ ヒトエに修羅根性(しゅらこんじょう)の法門なり」
と大聖人は不空の『菩提心論』のことをこう仰っています。

そして天台の釈を述べておられます。
「天台智者大師の文句(もんぐ)の九に寿量品の心を釈して云(いわ)く
『仏(ほとけ)三世(さんぜ)に於(おい)て等(ひと)しく三身(さんじん)有(あ)り 諸教(しょきょう)の中に於て之(これ)を秘(ひ)して伝(つた)えず』
と かかれて候、
此れこそ即身成仏の明文にては候へ、」
(天台は寿量品の心(寿量品で言おうとしていること)を釈しておられます。
『仏は永遠の生命が一切衆生に等しく具わっている。【有り】と言っている。(法華経の寿量品以外の)諸教では、これを秘して伝えていない。』と書かれています。
これこそが(法華経寿量品で明かされている一切衆生の)即身成仏の明確な文釈であります。)

と述べられています。^^

この天台の釈を【不空】は揉み消そうとして、言い方を天台に真似て、「唯(ただ)真言が即身成仏できる」と限定して仏意をねじ曲げ、「(真言以外の)諸教には欠(か)けている」と根拠の無い捏造釈の『菩提心論(ぼだいしんろん)』を造ったのです。((怒))
そして、「法華経こそが妙にて候へと申す釈なり」と把握されている竜樹菩薩の名前を持ち出したのも、天台が竜樹の大論(鳩摩羅什 訳)を参考にしているのに対抗して、不空は愛着ある真言関係の経に信憑性をもたらす為だけに、「この『菩提心論』は竜樹が説いたものだ」と でっち上げをはたらいたのです。((怒))

「不空三蔵此の釈を【消さんが為に】事を竜樹に依(よ)せて」
(1008頁1行目)

不空は天台の釈を揉み消してしまおうと思い、竜樹の名前を利用したと大聖人は見抜いておられます。

(【消さんが為に】
って、知らずに菩提心論の間違い釈を造ったんじゃないですな!
【消さんが為に】
って、完全に悪意ありですな!(怒))

「僻事(ひがごと)の起り此れなり」
(1006頁2行目)

この不空の『菩提心論』から日本の真言宗関係がむちゃくちゃになりだしたと、起こりだと大聖人は警鐘を鳴らされております。




(すいません^^
ようやく
報恩抄愚釈へ続く^^)






コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。