エピソード2(13)

 報恩抄の途中で、
『竜樹の大智度論』

『不空の菩提心論』
とでは即身成仏についての見解が違うということで、御書で調べてみたら『太田殿女房御返事』という御書に詳しく書かれていたので引用学習愚釈してましたが、
この御書の最後のほう(1008頁6行目〜)にはこう書かれています。

「外典三千余巻は政当(せいどう)の相違せるに依つて代は濁ると明(あか)す、
内典五千・七千余巻は仏法の僻見に依つて代濁るべしと あかされて候、」

(外典の3000余りの書物には、政治の乱れにより世の中が濁(にご)ると明かされていて、
内典(仏教)5000〜7000余りの書物には仏法の間違った歪んだ見解によって世の中が濁ると明かされている)

「今の代は外典にも相違し内典にも違背せるかのゆへにこの大科一国に起りて已に亡国とならむとし候か、不便不便。」

(今の世の中は、外典にも内典にも背いているので、この乱れが一国全体に影響を及ぼして、この濁りのために国が亡んでしまうんじゃないだろうか…ふびんなことだ。ふびんなことだ。)

と国の行く末を嘆かれて、警鐘を鳴らされております。

(※現実に昭和20年に敗戦亡国の現証が出てしまいました。
同じ轍は踏みたくないです!)

(愚釈エピソード2終わり。)



(報恩抄愚釈へ続く^^)



コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。