弥(いよいよ)

「金(こがね)は やけば
弥(いよいよ)色まさり
剣(つるぎ)は とげば
弥(いよいよ)利(と)くなる・
法華経の功徳は
ほむれば
弥 功徳まさる、
二十八品は
正(まさし)き事は
わずかなり
讃むる言こそ
多く候へ

思食(おぼしめ)すべし。」
(1242頁)

(^^)/*


コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。