御本尊

「今 此の御本尊は 教主釈尊・五百塵点劫(じんてんごう)より 心中に をさめさせ給いて 世に出現せさせ給いても 四十余年・其の後 又 法華経の中にも 迹門 はせすぎて 宝塔品より事 をこりて 寿量品に説き顕し 神力品・属累(ぞくるい)に 事 極りて候いしが、金色世界の文殊師利・兜史多(とした)天宮の弥勒(みろく)菩薩・補陀落山(ふだらくさん)の観世音・日月浄明徳仏の御弟子の薬王菩薩 等の 諸大士・我も我も と 望み給いしかども 叶はず、
是等は智慧いみじく才学ある人人とは・ひびけども・いまだ法華経を学する日あさし学も始なり、
末代の大難忍びがたかるべし、
我 五百塵点劫より 大地の底に かくしおきたる真の弟子あり・此れに ゆづるべし とて、
上行菩薩 等 を涌出品(ゆじゅっぽん)に召し出させ給いて、
法華経の本門の肝心たる妙法蓮華経の五字を ゆづらせ給いて、
あなかしこ・あなかしこ・
我が滅度の後・
正法一千年・
像法一千年に
弘通すべからず、
末法の始に謗法の法師一閻浮提に充満して諸天いかりをなし彗星(ほうきぼし)は一天に わたらせ 大地は大波のごとく をどらむ、大旱魃(かんばつ)・大火・大水・大風・大疫病・大飢饉・大兵乱 等の無量の大災難 並び をこり、一閻浮提の人人・各各・甲冑(かっちゅう)を きて 弓杖(きゅうじょう)を手に にぎらむ時、
諸仏・諸菩薩・諸大善神 等の御力の及ばせ給わざらん時、
諸人皆死して無間地獄に堕ること雨のごとく・しげからん時・
【此の五字の大曼荼羅(まんだら)を身に帯し心に存せば諸王は国を扶(たす)け万民は難をのがれん、乃至後生の大火炎を脱(のが)るべしと 仏・記し をかせ 給いぬ】、
而るに日蓮・上行菩薩には・あらねども・ほぼ兼(かね)て これをしれる は 彼の菩薩の御計らいかと存じて
此の二十余年が間
此れを申す、
此の法門弘通せんには
【如来現在 猶多怨嫉(にょらいげんざい ゆたおんしつ)・況滅度後(きょうめつどご)・一切世間(いっさいせけん)・多怨難信(たおんなんしん)】
と申して
第一のかたきは国主並びに郡郷等の地頭・領家・万民等なり、
此れ又 第二第三の僧侶が・うつたへに・ついて 行者を或は 悪口し・或は罵詈(めり)し・或は刀杖 等云云。」
(905頁)



「信行学」
頑張ります。
(・人・)



コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。