今日の聖教新聞より。

 「SGI (創価学会インタナショナル) と ICAN (核兵器廃絶国際キャンペーン) が共同制作した【新展示】『核兵器なき世界への連帯──勇気と希望の選択』展が24、25の両日、IPPNW (核戦争防止国際医師会議) の第20回世界大会に合わせて、広島市の平和記念公園内の広島国際会議場で行われた。」

とのことです。
\^o^/ヨッシャー
キタキタキタキタ(兆嬉)。

 SGI 会長のメッセージのなかで、

「『核兵器の禁止』を条約化しようとする国際政治レベルの意志が極めて弱い現状を打開する鍵(かぎ)は、市民社会の力強い声である。」

と訴えられています。

「声 仏事を為(な)す」(708頁)

連帯。
(・人・)
(・〇・)

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。