極無上

「今 日蓮等の類(たぐ)いの心は
【無上】とは
【南無妙法蓮華経】・
無上の中の【極無上】なり、
此の妙法を指して無上宝聚(むじょうほうじゅ)と説き給うなり、
【宝聚】とは
三世の諸仏の万行万善の諸波羅蜜(しょはらみつ)の宝を聚(あつ)めたる
【南無妙法蓮華経】なり、
此の無上宝聚を辛労(しんろう)も無く行功(ぎょうく)も無く
一言に受取る
【信心】なり
【不求自得】とは是れなり、
自の字は十界なり
十界各各 得るなり
諸法実相 是なり、
然る間 此の文・
妙覚の釈尊・
【我等衆生の骨肉】なり
能(よ)く能く
之を案ず可し 云云。」
(727頁)


ご…ごくむじょう
って
響きが凄すぎます
\^^/




コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。