エピソード2(6)

(愚釈エピ2(5)の続き^^)
(1006頁15行目〜)


「此の論に云く『【唯】真言法の中にのみ即身成仏する故に是れ三摩地(まじ)の法を説く諸教の中に於て闕(かい)て書せず』と申す文あり、」
この論(不空三蔵が渡らせてきた『菩提心論』)のなかで、こう述べている箇所がある。
『【唯(ただ)】真言の法だけが即身成仏できるのだ。諸仏菩薩の密教の誓いがあるのだ。諸教の中には これが欠けていて書いてないのだ。』
と(デタラメなことを)述べている文章があります。

「此の釈に ば(誑)かされて弘法・慈覚・智証 等の法門は さんざんの事にては候なり、」
こう述べられている文章の内容に、騙されて、たぶらかされて、(この菩提心論を鵜呑みにして、誤魔化され、その流れをくんだ者である)弘法大師や慈覚大師や智証大師などの法門・教え・主張は、さんざんな事に、滅茶苦茶・ハチャメチャな事になってしまっている。



((`^`)むちゃくちゃなことを言うとるなぁ!…)



(続く^^)



コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。