読み方の違い

 戸田先生の講義書や、池田先生の講義書にて、
『天台大師』と『日蓮大聖人』の経文の『読み方の違い』を学びました。

読み方の違いが表れている特徴的なところは、
法華経寿量品の『自我得仏来』(じがとくぶつらい)という経文を読むときに、
天台は『我(われ)仏(ほとけ)を得(え)てより来(このかた)』と読んでいて、
『釈迦が久遠の大昔のある時に はじめて仏の境涯を得てから それ以降』という読み方をしていて、ある時はじめて仏になる以前のことを度外視していて、いわば、はじめ有って終わり無し という 有始無終の仏 とも言うべき【法華経文上の読み方】をしているのに対して、

日蓮大聖人は『我(が)・仏(ぶつ)・来(らい)は自得(じとく)なり』という読み方をされていて、
我・仏・来(三身如来)は自得なり。本来もともと 始めも無く終わりも無し の無始無終(むしむしゅう)において我仏来(三身如来・仏の生命・仏の智慧・仏の慈悲という仏の境涯)を、
【自(おのずか)ら得(え)ているものなり】。
ずっと本来持っているものなり。
との【法華経文底の読み方】をされていて、
無作にして三身即一の如来である。との立場を宣言しておられます。
あとは僕たちが、凡夫の立場のままで もともと持っている仏の生命を出すだけなので、
みんなが本来持っている仏の生命を出せるように、
大聖人は、三大秘法の南無妙法蓮華経という【宝の生命】を呼び出す実践方法を、全人類の方々の為に、広宣流布されました。
全世界の方々と共々に信心の実践の歓びを共有していきたいです。
\^^/

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。