報恩抄愚釈84

(報恩抄愚釈83の続き^^)
(304頁13行目〜)

『而(しか)れども』
しかしそれでも、
『大事の』
伝教大師さん本人が大事な使命だと受け止めておられる、
『円(えん)頓(とん)の大乗別受戒の大戒壇』
【釈尊の仏教を経文根本に判別した天台大師による理の一念三千に基づく、法華迹門の戒壇】を、
『我が国に 立(たて)う 立(たて)じ の ジョウ論が わずらはしき に 依りて や』
自国・日本国に、「立てる!」いや「立てるべきではない!」の言い争いで、(伝教大師の本懐が果たせない危惧を抱かれ)
わずらわしく感じられて、
それで、
『「真言」と「天台」の二宗の勝劣は弟子にも分明に をしえ給(たま)わざりけるか』
それで、
「真言の教え」と「天台の教え」の2宗教の勝劣問題のことは、弟子たちにも、詳しくハッキリとは教えなかったのではないのだろうか。



(…(-_-;)んんん なるほど。
まぁ 確かにあの6宗と公場対決された時も、
伝教大師は「権経混ぜない法華のみ」の立場で、6宗側は「権経混じってても法理さえ理解したらエエ的な立場」でしたもんなぁ…
ズレたままで、弟子たちの理解の限界を判断されましたんかなぁ…(-_-;)
ただ、宗教に限らず、【だいたい エエやろな〜的なことは、必ず、後々に、大問題になったりしますな(笑)^^】)



(続く^^)



コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。